花

結婚式の引き出物の選び方〜ギフトスマイルチョイス〜

贈るものを考える

プレゼント

商品券という発想

四十九日の法要が終わると香典返しが行われます。様々なマナーがありますが、一般的には四十九日の法要後に半返しを行うことになります。通常であれば、葬儀を行ったセレモニー会社などを通して、香典の額に見合った商品を探して送る形になります。5千円であれば2,3千円の商品を、1万円であれば5千円程度の商品を選びます。内容的には昔ながらの毛布やタオルセットであったり、飲食品だったりしますが、最近では商品券を贈るという新しい考え方もあります。家族葬が増えて、香典返しも身内に対して行うことが増えたため、形式にこだわらずにお返しをすることができるようになったからです。特に若い人が喪主をする場合に多く採用されています。

商品券を贈る場合

香典返しに商品券のような金券を送ることは昔はありませんでした。しかし、商品券であれば、相手が好きな商品を選んで購入することができるというメリットがあります。香典というお金に対して、商品券というお金に近いものをお返しするというのはマナー違反のように感じる人もいますが、もらった人にとっては、商品をもらうよりもありがたい場合もあります。ただ、相手の立場に立つことは重要です。例えば、お礼状をきちんとつけて送ったり、地方でも使い勝手のいい商品券にしたりすることも考える必要があります。また、1万円分の香典返しをする場合も、1万円分の商品券1枚ではなく、1千円分の商品券10枚に分けるなどの工夫が必要になります。